本文へスキップ

TEL. 082-428-2631(代表)

〒739-0144 広島県東広島市八本松南1-2-1


広島県立教育センター
HIROSHIMA PREFECTURAL EDUCATION CENTER

会社方針日々の記録

平成30年度(後期)教員長期研修入所式
 平成30年10月1日(月),広島版「学びの変革」アクション・プランの更なる推進に努めるよう,県内の公立学校の教員8名が半年間の研修をスタートさせました。全期教員長期研修の14名とともに,3月の発表会に向けて,県内の学校教育を牽引する先進的な取組を情報発信できるよう研究に取り組みます。

教育センター平田所長の挨拶
 
入所式後に行われた教育事務所・支所等別懇談会(特別支援教育)等

平成30年度(前期)教員長期研修修了式
 平成30年9月28日(金),平成30年度(前期)教員長期研修修了式を開催しました。研修生は,児童生徒の主体的な学びにつながる研究成果を胸に,広島版「学びの変革」アクション・プランの推進力となるべく,更なる高い目標を掲げ,各所属校に戻って実践します。

教育センター平田所長の挨拶
 
平成30年度(前期)教員長期研修生の代表挨拶

平成30年度(全・前期)教員長期研修生の所属校研修
廿日市市立宮園小学校 青野麻美養護教諭
 平成30年7月5日(木),廿日市市立宮園小学校の青野麻美養護教諭が,心の健康づくりを取り入れた危険予測トレーニングを通して,危険を予測し回避する力や他者と関わる力を高める健康教育の授業を行いました。第6学年児童は,自分も周囲の人も安全に過ごすためには,どのように行動すればよいか,グループで話し合い,意見を出し合いました。

イラストシートを見ながら,危険箇所を見付け出す児童の様子
 
グループで考えた危険回避のための対策を発表する児童の様子
※平成30年度広島県立教育センター(全・前期)教員長期研修生の所属校訪問の様子はこちら≫ 

平成30年度(全・前期)教員長期研修入所式
 4月から教育センターで半年間又は1年間の研究を行う教員長期研修生の入所式を開催しました。新学習指導要領の移行期間の開始,広島版「学びの変革」アクション・プラン全県展開に当たり,研修生は本県の教育推進の中核となって取り組むべく自覚を高め,教員長期研修がスタートしました。

広島県教育委員会事務局 教職員課 尾人事管理監による挨拶の様子
 
入所式後に行われた教育事務所・支所等別懇談会の様子

平成29年度(全・後期)教員長期研修修了式
 平成30年3月30日(金)に平成29年度(全・後期)教員長期研修の修了式を開催しました。研修に臨んだ教員長期研修生28名は,広島版「学びの変革」アクション・プラン全県展開に向け,教育センターでの学びを各学校や地域へつないでいきます。

広島県教育委員会事務局 教職員課 石岡職員管理監による挨拶の様子
 
平成29年度(全・後期)教員長期研修生代表による挨拶の様子

平成29年度広島県立教育センター(全・後期)
教員長期研修研究発表会
 平成30年3月13日(火)に,教員長期研修研究発表会を開催しました。28名の研修生が,児童生徒の「主体的・対話的で深い学び」につながる先進的な研究成果を披露しました。

高田所長の挨拶
 
神辺高等学校 神原菜穂子教諭(研修種目「芸術科教育(美術)」)
             ※平成29年度広島県立教育センター(全・後期)教員長期研修研究発表会の様子はこちら≫


平成29年度広島県立教育センター研究事業発表会
 平成30年2月23日(金)に研究事業発表会を行いました。県内外から約100名の方々に御参加いただき,今年度進めてきた19研究の中から7研究の成果を発表しました。
 研究発表後には,広島大学大学院教育学研究科 草原和博教授に「教師教育者としての専門性の向上と研究の在り方」と題して御講演をいただきました。
 7研究の発表内容については,5月末に広島県立教育センターWebページに掲載しますので,ぜひ御覧ください。

開会行事の様子
 
参加者による質疑の様子
             ※研究事業発表会の様子はコチラ≫


各研修講座でICT活用を推進する取組
 平成30年2月9日(金)の所内研修会で,研修講座でICT機器を活用した教育センター指導主事が,その取組の報告を行いました。そして,平成30年2月27日(火)の所内研修会では,その取組に対して表彰を行いました。

取組を報告している様子

表彰式の様子
また,当センター指導主事等を対象にタブレット型端末,電子黒板等の操作技術の向上を図るため,当センター独自のICT活用技術検定も実施しました。

検定の様子


専門研修講座 道徳教育「児童生徒の『主体的・対話的で深い学び』
につなげる指導と評価」講座(U期)
 平成29年12月7日(金),三次市立みらさか小学校・三良坂中学校において,専門研修講座 道徳教育「児童生徒の『主体的・対話的で深い学び』につなげる指導と評価」講座(U期)を実施しました。 受講者は,小中学校別の共通教材を基に受講者が作成してきた学習指導案を踏まえ,授業参観を行い,協議を行うことを通して,「児童生徒の『主体的・対話的で深い学び』につなげる指導と評価」について学びを深めました。

尾道市立美木中学校の実践報告(報告者:松原夏紀教諭)
             ※ 専門研修講座 道徳教育「児童生徒の『主体的・対話的で深い学び』につなげる指導と評価」講座(U期)の様子はコチラ≫


平成29年度教員長期研修「研究協議会」
 平成30年1月12日(金)に,平成28年度・平成29年度の教員長期研修生89名が集まり,「研究協議会」を行いました。午前には,広島県教育委員会の北川参与による講話や各課の指導主事による講義を通して,広島版「学びの変革」アクション・プランの全県展開に向けた広島県の現状及び成果と課題を学びました。そして,午後には,「学びの変革」全県展開に向け,一人一人が日々の授業改善をどのように進めるか,ミドルリーダーとして学校組織をどのように活性化していくかについて熱く協議を行いました。

広島県教育委員会 北川参与による講話の様子
 
広島版「学びの変革」アクション・プランの普及に
向けた授業づくりについて協議している様子
             ※教員長期研修「研究協議会」の様子はこちら≫


平成29年度(全・後期)教員長期研修生の所属校訪問
世羅町立せらひがし小学校 池内佑介教諭
 平成29年12月7日(木),世羅町立せらひがし小学校の池内佑介教諭が,所属校の第6学年児童を対象に,総合的な学習の時間の授業を行いました。「せらひがしの宝」を第4・5学年の児童に分かりやすく伝えるための方法について熱心に考える児童の姿が印象的でした。児童の感想には,「自分たちの思いや気持ちだけでなく,地域の方の思いも入れるとよいということを,みんなとの話合いで気付きました。自分の考えをまとめるために,自分とは違う友達の意見が参考になりました。」などがありました。

児童の意見を整理している池内教諭
 
最初の自分の考えと比較しながら,振り返りをしている児童
             ※平成29年度広島県立教育センター(全・後期)教員長期研修生の所属校訪問の様子はこちら≫


平成29年度教育センター国際化事業
 平成29年11月に,教育センター国際化事業の一環として,JICA課題別研修の2コースとカンボジア復興支援プロジェクトの三つの研修を実施しました。 アジア・アフリカ等から研修員として教育行政官等をお迎えし,教育センターの役割の説明や実施している研修の紹介,施設見学等を行いました。研修員の方々は,広島県の取組について興味深く聞いておられ,質問も数多く出されました。

JICA課題別研修「アフリカ地域(英語圏)INSET運営管理」コースの様子
             ※国際化事業に係る研修の様子はコチラ≫


平成29年度 21世紀教育セミナー
「変わるしかなかった。」〜今振り返る葛藤の日々と,新たなる挑戦〜
 平成29年11月9日(木),JMSアステールプラザを会場として,野球評論家(前広島東洋カープ監督) 野村謙二郎氏を講師に迎え,組織づくり,人材育成について学びました。「選手との日常的なコミュニケーション」「自分の失敗談を語り,選手に考えさせる指導法」「チームリーダーを育成する重要性」等,カープを支え,選手を育てた野村氏の体験や考え方に触れ,受講者は今後の教育実践や学校組織づくりへの熱意をより一層高めていました。

監督時代のエピソードについて熱く語る野村氏
 
受講者からの質問に実演を交えながら答える野村氏


平成29年度教員長期研修特別講座 後期「スペシャル・ウィーク」
 平成29年10月16日(月)からの5日間,後期教員長期研修生18人が,今日的な教育課題や行政課題等について学ぶ特別講座「スペシャル・ウィーク」を受講しました。一人一人が課題意識をもち,主体的に学びながらミドルリーダーとしての自覚と力量の向上に努めました。

「教職員の接遇」電話応対の演習
 
「各校の授業研究を充実させるために」グループ協議
             ※平成29年度教員長期研修特別講座「スペシャル・ウィーク」の様子はこちら≫


平成29年度 理科「野外観察」講座
 平成29年9月20日(水),世界遺産に登録されている宮島の弥山原始林において,理科「野外観察」講座を実施しました。宮島は,全島が古来より厳島神社の社寺林のような扱いをされてきたため,人の影響をあまり受けることなく今日に至っています。このため宮島には弥山(みせん)原始林をはじめとした自然度の高い森林が残っています。
 野外観察では,まずロープウェーに乗って獅子岩駅まで行き,弥山や駒ヶ林(こまがばやし)山頂に登った後,大元(おおもと)コースを下りました。受講者からは,「宮島と言えば『鳥居』というイメージでしたが,この研修に参加して,宮島の自然の素晴らしさ,大切さ,貴重さなどに気付くことができました。子供たちに,鳥居だけでなく,自然の素晴らしさを伝えなければと思いました。」など,弥山原始林の素晴らしさを実感した内容の感想が多くみられました。

弥山原始林の中で,ヤマグルマという植物学上重要な植物
(被子植物でありながら仮道管をもつ植物)の説明を受けている様子
             ※平成29年度 理科「野外観察」講座の様子はこちら≫


【新規開設】平成29年度専門研修講座127総合的な学習の時間
「アクティブ・ラーニング!生徒が主体的に学ぶ課題探究学習」講座
 平成29年9月27日(水),広島県立安古市高等学校を会場に研修を実施しました。生徒が主体的に取り組める総合的な学習の時間を目指して,講義・演習,協議,授業参観の内容を取り入れました。参加した受講者からは「生徒の姿から主体的な学びの姿を学ぶことができ,大変参考になった」「他校の取組や他校種の取組を知ることで学びが広がった」等の感想がありました。

「課題探究学習における指導と評価について」で,
受講者が各学校の実態を踏まえて協議をしました。
 
「課題探究学習の実際」では,広島県立安古市高等学校の第3学年生徒が,
「2030年までに地方を再生・活性化するために私たちはどう行動したらいいのか」
をテーマにパネルディスカッションする様子を参観しました。

平成29年度(後期)教員長期研修入所式
 平成29年10月2日(月),広島版「学びの変革」アクション・プランの推進に努めるよう,県内の公立学校の教員18名が半年間の研修をスタートさせました。研修生は,3月の発表会に向けて,県内の学校教育を牽引する先進的な取組を披露できるよう研究に取り組みます。

教員長期研修生の紹介
 
入所式後に行われた教育事務所・支所等別懇談会

平成29年度(前期)教員長期研修修了式
 平成29年9月29日(金),平成29年度(前期)教員長期研修修了式を開催しました。研修生は,児童生徒の主体的な学びにつながる研究成果を胸に,広島版「学びの変革」アクション・プランを推進力となるべく,更なる高い目標を掲げ,各所属校に戻って実践します。

教員センター高田所長の挨拶
 
平成29年度(前期)教員長期研修生の代表挨拶

平成29年度広島県立教育センター(全・前期)
教員長期研修研究発表会
 平成29年9月15日(金)に,教員長期研修研究発表会を開催しました。25名の研修生が,児童生徒の「主体的・対話的で深い学び」につながる先進的な研究成果を披露しました。

竹原市立賀茂川中学校 横岡洋子教諭(研修種目「国語科教育」)
 
広島中央特別支援学校 剌田昭史教諭(研修種目「特別支援教育」)
             ※平成29年度広島県立教育センター(全・前期)教員長期研修研究発表会の様子はこちら≫


平成29年度 教育の情報化「Let’s Try! 動画編集」講座
 平成29年9月11日(月),動画編集講座を行いました。動画ファイルの特徴を学んだ上で,基礎的・基本的な動画編集の方法を学びました。受講者は,動画をどのような目的で活用するかを明確にすることで,どのように編集すればよいかを考えることができていました。

受講者同士で教え合うとともに指導主事と一緒に課題解決をしている様子

【新規開設】平成29年度専門研修講座407学校経営
「信頼される学校であるために!不祥事防止」講座
 平成29年9月5日(火),不祥事が起こる背景や要因を理解し,不祥事の根絶に向け教職員としての自覚を高めるとともに,不祥事を生まない信頼される体制づくりを進める力量を身に付けるための研修を実施しました。大学教授による講義や学校での実践報告を受け,受講者からは「不祥事防止に向けた新たな視点を得ることができ,大変参考になった」という感想がありました。

「不祥事を防止するための考え方と体制づくり」の講義の様子
 
福山大学 平 伸二教授
             ※研修講座の様子はこちら≫


平成29年度 応急手当講習会
 平成29年8月31日(木),応急手当講習会を行いました。東広島市消防局西分署の方々に,胸骨圧迫,人工呼吸,AEDの使用法について御指導いただきました。突発的な事故や災害に対応できるように,危機管理意識を高める訓練を行いました。

胸骨圧迫について御指導いただきました。
119番通報から救急車到着までにかかる時間は平均8.6分です。
救命行為が生存率を倍増することを学びました。
 
AEDと心肺蘇生法を組み合わせた実習を行いました。

平成29年度 教育の情報化「Let’s Try! 学校Webページ作成」講座
 平成29年8月29日(火),学校Webページの作成講座を行いました。Webページの意義をはじめ,HTML言語の基礎等について学び,「ホームページビルダー18」を使って実際にページを作成しました。受講者は,デザインを工夫し,利用者が見やすいページ作りに取り組みました。

受講者同士で教え合い,協力してページを作成しました。
 
分からないことは,指導主事に相談するなどして解決しました。

平成29年度(前・全期)教員長期研修生の所属校訪問
尾道市立久保中学校 得能彩子教諭
 平成29年6月7日(水),尾道市立久保中学校の得能彩子教諭が,所属校の全学級を対象に,レジリエンスを高めることを目的とした学級活動の授業を行いました。レジリエンスとは,逆境やトラブル,強いストレスに直面し,困難な状況に陥っても,しなやかに受け止めて適応し,回復する力のことです。授業では,生徒に対し,感情は物事の捉え方によって決まることを理解させた上で,自分自身の物事の捉え方に気付かせ,ネガティブな捉え方の対処方法について指導しました。生徒の感想には,「これまでは,ポジティブな気持ちにはなれないと思っていたけど,捉え方を変えることでポジティブになれると思った。」などがありました。

生徒に授業の流れを説明する得能教諭
 
担任と得能教諭のロールプレイを通して自分自身の物事の捉え方を考える生徒
             ※平成29年度(前・全期)教員長期研修生の所属校訪問の様子はコチラ≫


 平成29年度サテライト研修「課題解決サポート」講座
(三原市立糸崎小学校)
 平成29年6月22日(木),三原市立糸崎小学校において,第U期サテライト研修「課題解決サポート」講座を行いました。「課題解決サポート」は,学校等が抱える課題に対し,教育センターが学校の自律的な取組をサポートしながら,協働的に解決していくものです。第T期での学びを生かした授業を全教職員が参観し,事後協議を行いました。そして,一人一人が課題解決につながる第U期の学びを整理し,今後の職務遂行で,どのように生かそうと思うかをまとめていきました。

【参観授業】既習内容と本時の学習対象とのズレに児童が気付いている様子。
 
【協議】グループで出された意見を全体で発表している様子。


 平成29年度教員長期研修特別講座 全・前期「スペシャルウィーク」
 平成29年4月17日(月)からの5日間,教育センターや県内の民間企業等で研修中の教員長期研修生27人が,今日的な教育課題や行政課題等について学ぶ特別講座「スペシャルウィーク」を受講しました。一人一人が課題意識をもち,主体的に学びながらミドルリーダーとしての自覚と力量の向上に努めました。

それぞれの考えを交流する様子
 
グループ協議の様子
             ※特別講座「スペシャルウィーク」の様子はコチラ≫
 平成29年度(全・前期)教員長期研修講座
「教育研究に求められるもの」
 平成29年4月5日(水),平成29年度(全・前期)教員長期研修生は,自覚と責任をもって研修に取り組んでいけるよう,教育研究に求められるものについて研修しました。教員長期研修生は,広島版「学びの変革」アクション・プラン推進者として,どのように教育研究に取り組むのか熱心に議論しています。

研究主題について研修生相互で説明をしたり,質問をしたりしています。
 
平田副所長の講義を聴いています。


 平成29年度(全・前期)教員長期研修入所式
 4月から教育センターで半年間又は1年間の研究を行う教員長期研修生の入所式を開催しました。次期学習指導要領の先行実施,そして広島版「学びの変革」アクション・プランの全県展開を1年後に控え,本県の教育推進の中核となって取り組むべく自覚を高め,教員長期研修がスタートしました。

教員長期研修生紹介の様子
 
入所式後に行われた教育事務所・支所等別懇談会の様子


 平成28年度(全・後期)教員長期研修修了式
 平成29年3月31日(金)に平成28年度(全・後期)教員長期研修の修了式を開催しました。研修に臨んだ教員長期研修生25名は,これから各学校や地域で,広島版「学びの変革」アクション・プランを更に加速させるよう,教育センターでの学びを実践に移していきます。

広島県教育委員会事務局 教職員課 宮本人事管理監による挨拶の様子
 
平成28年度(全・後期)教員長期研修生による代表挨拶の様子
             ※教員長期研修修了式の様子はコチラ≫