本文へスキップ

TEL. 082-428-2631(代表)

〒739-0144 広島県東広島市八本松南1-2-1


広島県立教育センター
HIROSHIMA PREFECTURAL EDUCATION CENTER

会社方針所長メッセージ


所長メッセージ(平成31年1月)

“学びをつなぐ,できるにつなぐ”教育センター
〜教職員の主体的な学びを促し,
学校の自律的な取組につながる研修講座等の充実を図ります〜




 現在,「広島県教員等資質向上協議会」において策定された「育成指標(校長・教諭)暫定版(案)」が,県教育委員会のホームページに公表されています。この「育成指標」には,職種やキャリアステージに応じて身に付けるべき資質が示されています。今後は,協議会の意見を踏まえて改善を図った指標へと更新されるとともに,指標を踏まえた研修体系の構築と研修内容等の充実が求められることになります。当教育センターとしても,今後実施する研修講座等が,従来にも増して教職員の資質向上に資するものとなるよう,平成31年度の講座編成や講座内容の工夫改善に取り組んでいるところです。

 平成31年度の専門研修講座やサテライト研修講座については,新学習指導要領の内容や広島版「学びの変革」アクション・プランの理念を踏まえ,授業及び学校経営の改善・充実に資するとともに,教職員の主体的な学びを促し,学校の自律的な取組につながるよう準備を進めています。講座内容は,カリキュラム・マネジメントの考え方を踏まえたものとし,各学校の教育目標を組織的に達成することにつながるように計画しているところです。専門研修講座の種類は,平成30年度と同様に3種類(標準・発展・総合)です。「標準」は基礎的な内容,「発展」は先進的な内容,「総合」は学校全体のマネジメントに関わる内容とし,各講座のねらいをさらに明確にして,受講者のニーズに合った講座を選択しやすいよう工夫しています。さらに,受講後の実践を促すため,「協議」や「振り返り」等の進め方を工夫して講座の充実を図ります。

 研修講座の充実と合わせて,学校や教職員個々の課題解決に向けた支援事業を強化します。今年度から新たに開始した「学校チャレンジサポート講座」は,「学校チャレンジサポート事業」と名称を変更し,「学校が抱える課題に対し,学校の自律的な取組をサポートしながら,学校と教育センターが協働的に課題解決を目指す」という趣旨をより明確にして実施する予定です。また,教職員個々が抱えている課題の解決をより効果的に支援できるよう,現在の「ヘルプ&サポート相談事業」の相談方法等を,より活用しやすい形に改善して実施できるよう準備を進めています。

 2月には,所員が取り組んできた研究の発表会を開催し,研究の成果を披露いたします。多くの方々に御参加いただき,御指導をいただければ幸いです。また4月には,教育センターWebページに各研修講座や支援事業等の詳細な内容を掲載する予定です。是非御覧いただき,引き続き教育センターを積極的に御活用ください。



これまでのメッセージ