本文へスキップ

TEL. 082-428-2631(代表)

〒739-0144 広島県東広島市八本松南1-2-1


広島県立教育センター
HIROSHIMA PREFECTURAL EDUCATION CENTER

会社方針所長メッセージ


所長メッセージ(平成30年12月)

“学びをつなぐ,できるにつなぐ”教育センター
〜研究と研修の往還によってプログラミング教育の推進に努めます。〜




 平成29年告示の小学校学習指導要領には,プログラミング教育について,各教科等の特質に応じて児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動を計画的に実施することが示されています。

 昨年度,教育センターでは,コンピュータを使わないアンプラグドコンピュータサイエンスの考えに基づく教材開発を行い,プログラミング的思考を育成する学習指導に関する研究を行いました。そして,この研究成果を平成29年度教育センター研究事業発表会や平成30年度中国・四国地区教育研究所連盟研究協議会で県内外に提言し,好評価をいただきました。
 また,今年度は,プログラミング教育に関する専門研修講座に昨年度の研究成果を取入れ研修を実施した結果,多くの先生方から「プログラミング教育を実施するためのヒントになった。」「十分なICT機器が無くてもプログラミング教育は実施できる。」等多くの肯定的な意見をいただいています。

 プログラミング教育を実施するに当たっては,児童が,プログラミングに取り組んだり,コンピュータを活用したりすることを通して,楽しさや面白さ,ものごとの成し遂げたという達成感を味わうことが重要です。そのような楽しさや面白さは,次の学習への意欲を喚起することにつながります。また,各教科等の内容を指導する中でプログラミングを学習活動に取り入れることで,各教科等の学びも充実してくることも期待されています。

  教育センターは,研究成果を研修に生かす「研究と研修の往還」によって,学校の現状に寄り添い,子供たちの主体的,対話的で深い学びにつながるプログラミング教育の推進に向けて尽力いたします。



これまでのメッセージ